スウェットと言えば、リラックスした場面で使うイメージが強いですよね。



しかし、実はスウェットはジャンルを問わず大活躍できるアイテムなのをご存じでしょうか。




「いつも同じような服装ばかりしてしまう」という方にこそ、スウェットはぜひ採り入れて欲しいアイテムです。



この記事では、おしゃれなスウェットの選び方や、コーデ術について詳しく解説していきます!



メンズファッションのスウェットはダサく見える?




部屋着のように見えるスウェット





引用:ZOZOTOWN



スウェットは防寒力に優れ着心地も良いため、リラックスシーンに最適なアイテムです。



そのため、スウェットのデザインや組み合わせを間違うと部屋着のように見えてしまう可能性が高くなります。



特に下記のようなデザインは部屋着に見えやすいので気をつけましょう。




引用:ZOZOTOWN



適切なサイズよりもかなり大きく、ダボッとしたシルエットが特徴のスウェット。



こうしたデザインはリラックスシーンには最適な1枚ですが、外出用のアイテムとしてはかなり難しいタイプです。



ゆるめのデザインで上下を揃えたりすると、ますます部屋着のように見えてしまうので注意してくださいね。



グレーのスウェット





引用:ZOZOTOWN



グレーは落ち着いた印象を与え、どんなコーデにも合う万能カラー。



しかしグレーのスウェットは例外で、着こなしが意外と難しいアイテムです。



上下をグレーのスウェットで統一したり同系色でまとめたりしてしまうと、寝間着にしか見えなくなるので要注意。




引用:amazon



もしもグレーのスウェットを採り入れるなら、下記のようなデザインがおすすめです。




引用:ZOZOTOWN



こちらのスウェットは、表面にプリントされた細かな柄がポイント。



体のラインに合わせた細身のシルエットも、カジュアル過ぎない上品な雰囲気を感じさせてくれます。



このようなデザインなら、フォーマルなアイテムと組み合わせても問題ありません。



スウェットのおすすめカラーは?




ネイビーのスウェット





引用:ZOZOTOWN



ネイビーは上品さや落ち着いた雰囲気を感じさせてくれ、季節を問わず大活躍するカラーです。




白や黄色などの膨張色も引き締めてくれる働きがあり、コーデにメリハリをつけたい時にぴったり。



またネイビーのスウェットは、チェックなどの柄や明るい色のシャツとも相性抜群です。




引用:ZOZOTOWN



カーディガンやセーターとシャツを合わせると硬い雰囲気になりがちですが、ネイビーのスウェットなら程よくカジュアルに仕上げてくれますよ。



黒のスウェット





引用:ZOZOTOWN



黒はカジュアルでもフォーマルでも合わせやすい万能カラー。



スウェットがもつカジュアルさを緩和させてくれるので、様々なアイテムと組み合わせることが可能です。




黒には全体を引き締めてくれる働きもあるので、ゆるめのシルエットが好きな方にもおすすめ。




引用:ZOZOTOWN



さらに、デニムを合わせてもラフになり過ぎず、程よいカジュアル感を演出してくれますよ。




引用:ZOZOTOWN



初めてスウェットに挑戦する方は、着回し力抜群の黒を選ぶと間違いありません。



メンズファッションのスウェットのおすすめコーデとブランドは?




春夏におすすめのコーデ





引用:ZOZOTOWN



ついラフ過ぎるファッションになりがちなのが、春夏のコーデ。



そこでスウェットを採り入れると、春夏にふさわしい軽やかさを残しつつ、爽やかな印象も与えることができます。





例えば、下記のようなコーデは春にぴったりの組み合わせです。




引用:WEAR



ネイビーのMA-1と黒のボトムという落ち着いた色合いの中に、白のスウェットが加わることで春らしく爽やかな印象を演出。



白のスウェットが体の中心にあるため、メリハリをつける効果も抜群です。



そして、暑さの厳しい夏にもスウェットは大活躍します。




引用:ZOZOTOWN



暑い夏には重たく見えがちなダークグリーンも、ハリのある半袖スウェットを着用することで軽やかな仕上がりに。



元々スウェットはスポーツ選手が着用していた衣服なので、汗を吸収・放出する機能に優れており暑い時期には最適なアイテムです。



「夏はTシャツばかり着ている」という方は、ぜひ半袖のスウェットを採り入れてコーデの幅を広げてみてくださいね。



秋冬におすすめのコーデ





引用:ZOZOTOWN



秋冬は、インナーにスウェットが大活躍する季節です。



カーキやブラウンなどは秋らしさを感じさせますが、アイテムによっては重たさを感じてしまう色。




しかし、スウェットならそうした色を使っていても、軽やかな印象が与えられます。



秋色を採り入れたスタイルは、下記のようなコーディネートがおすすめ。




引用:WEAR



秋らしいスウェットの色と素材が、全体の雰囲気を柔らかくしてくれていますね。



フォーマルになりがちな革靴とも相性抜群です。



また、本格的な寒さを迎える冬にはこのようなコーディネートがおすすめ。




引用:WEAR



黒ブルゾンの下に白シャツという正反対のカラーを、ネイビーのスウェットがうまくまとめてくれています。



細身のスウェットであれば着ぶくれせず、寒さ対策もしっかりできますね。



スウェットのおすすめブランド




CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)





引用:ZOZOTOWN



素材と着心地にこだわって作られたオリジナルの製品に加え、おしゃれなアイテムを国内外からセレクト。



シンプルなデザインはもちろん、ビビッドなカラーを用いたモノ、撥水加工が施されたモノまで豊富な種類のスウェットがあります。



比較的安価に購入できるので、様々なカラーやデザインに挑戦したい方におすすめのブランドです。



Champion(チャンピオン)





引用:チャンピオン公式通販サイト



チャンピオンは、1919年創業のアメリカのスポーツブランドです。



Tシャツやポロシャツ、スウェットなどカジュアルなアイテムが中心に販売されており、男女問わず人気を集めています。



特にチャンピオンのスウェットは「キングオブスウェット」と称されるほど、品質の高さに定評あり。



保温性や耐久力に優れており、繰り返し洗濯しても生地がへたりません。



また伸縮性や生地の柔らかさにもこだわっており、スウェットに初めて挑戦する方におすすめしたいブランドです。



patagonia(パタゴニア)





引用:パタゴニア公式通販サイト



パタゴニアは、アメリカの登山用品やアウトドア用品などを販売するブランドです。



販売されているアイテムは、登山などのアウトドアに耐えられるほど防寒力や耐久力に優れ、世代を問わず愛されています。



またスウェット以外にもジャケットやリュックなども豊富に取り揃えているので、トータルコーディネートが可能。



値段は少々高くなりますが、1つのアイテムを長く愛用したい方におすすめです。



URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)





引用:ZOZOTOWN



アーバンリサーチは、1974年にジーンズカジュアルショップとして大阪で創業したブランドです。



そのアイテムはシンプルでありながら随所にこだわりが光り、ワードローブとも組み合わせやすいのが特徴。



もちろんスウェットも、質の良さとデザイン性を両立したアイテムが取り揃えられており、大人のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。



まとめ





引用:ZOZOTOWN



スウェットは保温性に優れているだけでなく着心地も良いので、着用時にストレスを感じさせない貴重なアイテム。



またヘビロテしても生地が傷みにくいので、部屋着で終わらせてしまうのは非常にもったいないです。



スウェットは季節を問わずに活躍できるアイテムだと私は思うので、ぜひ色々な場面で活用してみてくださいね!



参考:【最新】メンズファッション通販激安TOP5!マネキン買いならここ!