一昔前は、ストリートファッションのイメージが強かった「LAファッション」。



しかし、近年の傾向ではカジュアルの中にも上品さを感じさせるコーデが主流になってきました。



そんなLAファッションで重要なのは、アイテムの組み合わせ方やブランド選びです。



一歩間違うとカジュアル過ぎたり、だらしない印象を与えたりすることも。



そこで、この記事ではLAファッションの特徴やおすすめブランド、さらにコーデのコツについて解説します。



LAファッションメンズの着こなしの基本ポイント




LAファッションの特徴とは?





引用:楽天



アメリカで2番目に人口の多い都市である、ロサンゼルス。



一年中温暖な気候による影響で、サーフカルチャーやストリートファッションなど、さまざまなスタイルが生み出されてきました。



こうしたロサンゼルスのスタイルは「LAファッション」と呼ばれ、世界中の若者から大きな支持を集めています。



かつてのLAファッションは、1年を通してカラフルなアイテムを使ったスタイルが基本でした。



しかし、現在はリラックスできる着心地はそのままに、上品さを感じるスタイルが浸透。



以前よりも普段使いしやすくなっているため、LAファッションは日本でも注目されつつあります。



LAファッションは夏らしさがポイント





引用:BUYMA



ロサンゼルスは冬でも平均気温が10度を下回ることがない温暖な気候。



夏は摂氏40度近くになるカラッとした暑さが続くため、爽やかさを感じるコーデづくりが最大のポイントです。




引用:wear



上記の画像のように、クラッシュデニムを履いたり、白のロゴTシャツを合わせたりと、夏らしさを全面に出したコーデづくりを意識しましょう。



また、シンプルなスタイルが好きな方は下記のようなコーデもおすすめです。




引用:スリードッツ公式通販サイト



マリンボーダーと白のパンツが夏らしさを感じるコーディネート。



LAスタイルでは、着心地のよさやリラックスして過ごせるスタイルを作ることも大切なポイントです。



派手なカラーを選びたくない方でも、シンプルなアイテムだけでLAファッションは作れますよ。



LAファッションのメンズ人気ブランド6選




DOPE(ドープ)





ドープ公式通販サイト



ドープとは、LAのセレクトショップ発のストリートブランドです。



斬新かつ高品質なアイテムはLAやNYのストリートだけでなく、ヨーロッパでも人気。



「DOPE」のロゴをアピールするデザインが多く、スケーター・ダンサー・ラッパー・アーティストなどが好んで着用しています。




出典:ドープ公式サイト



ジャスティン・ビーバーなど有名なアーティストがプライベートで着用していることも、人気に火がついた要因のひとつです。



日本では、東京や大阪などの主要都市に店舗があります。



また、店舗へ行かなくとも公式サイトからアイテムを購入することが可能です。



カジュアルなファッションやストリート系が好きな方におすすめのブランドだと私は思います。



ドープ公式サイトはこちら



JAMES PERSE(ジェームスパース)





出典:ZOZOTOWN



1994年にLAで始まったブランドがジェームスパースです。



ブランド設立時から販売されているカットソーは上品さとカジュアルさを両立しており、おしゃれな若者の間で話題となりました。




出典:ZOZOTOWN



1998年にメンズコレクションがスタート。



そして、2011年には青山でアジア初の路面店がオープンしています。



店内には、オリジナルの家具・サーフボード・ビーチクルーザー・ギターなどをディスプレイ。



西海岸のライフスタイルをイメージした空間のなか、洗練されたカリフォルニアのリアルクローズを体感できます。



また、公式サイトでは日本からの注文も可能です。



カットソーはもちろん、シャツ・パンツ・アウターなど日本人にも使いやすいアイテムが満載なので、チェックしてみてくださいね。



ジェームスパース公式サイトはこちら



GUESS(ゲス)





出典:ゲス公式通販サイト



1981年にLAで創業したブランドがゲスです。



ブランドのコンセプトは「SEXY」「YOUNG」「ADVENTUROUS」。



広告ビジュアルの美しさもゲスのコンセプトであり、1980~90年代にはスーパーモデルを積極的に起用しています。



ゲスでは帽子・時計・バッグなどのアイテムも取り扱っていますが、おすすめはデニムコレクションです。




ゲス公式通販サイト



デザイン性に優れているのはもちろん、肌ざわりのよい柔らかな素材を使い着心地にもこだわって作られています。



日本には、渋谷・原宿・新宿などに店舗がありますが、公式サイトからでもアイテムを購入できます。



シンプルなモノから個性的なモノまで揃っているので、ぜひチェックしてみてください。



ゲス公式サイトはこちら



RIPNDIP(リップンディップ)





引用:楽天



リップンディップは、2009年にロサンゼルスで生まれたストリートファッションのブランドです。



中指を立てたネコがトレードマークで、レトロな雰囲気のアイテムからベーシックなアイテムまで、豊富なラインナップが魅了。



スニーカーやTシャツなどを1点採り入れるだけで、オシャレ度を高くしてくれるブランドです。



RIPNDIP公式サイトはこちら



three dots(スリードッツ)





引用:スリードッツ公式通販サイト


ハリウッドセレブから絶大なる信頼を集めるブランドとして有名なのが、1995年にロサンゼルスで誕生したスリードッツ。



「フィット感・質ともに満足のいくTシャツが欲しい」という声に応えて、カットソーを開発したのがスリードッツの始まりです。



シンプルながらも上質な素材を使い、一度着たら手放せなくなるアイテムを豊富にラインナップ。



質のよいアイテムを使って、シンプルなコーデをしたい方におすすめのブランドです。



three dots公式サイトはこちら



Abercrombie&Fitch(アバクロンビー&フィッチ)





引用:アバクロンビー&フィッチ公式サイト



アバクロンビー&フィッチは、アメリカ発祥のカジュアルブランド。



日本では、通称「アバクロ」と呼ばれています。



特におすすめなのが、「アバクロウォッシュ」と呼ばれるヴィンテージ加工が施されたデニム。



カジュアルでありながら上品さと質のよさを感じさせるので、いつもより格の高いコーデができますよ。



Abercrombie&Fitch公式サイトはこちら



LAファッションメンズのおすすめコーデ




パンツを使ったコーデ





引用:アバクロンビー&フィッチ公式サイト



近年のLAファッションでは、カジュアルなだけでなく洗練された印象を与えることが大切です。



そうしたトレンドを反映させるには、デニムパンツを使ったコーデがおすすめ。




引用:アバクロンビー&フィッチ公式サイト



程よく色落ちしたデニムは、さまざまなアイテムと相性抜群。



特に白シャツと合わせると、清潔感や爽やかなイメージも与えられる組み合わせになると私は思います。



春の人気コーデ





引用:DOWBL



独特の風合いとデザインから、カジュアルなコーデに欠かせないのがデニムシャツ。



LAファッションを意識するなら、ハイブリーチ加工が施されたデニムシャツを使ったコーデがおすすめです。




引用:Wowma!



通常よりも色が薄く、ユーズド感が強く出るのがハイブリーチのデニムシャツの特徴。



デニムシャツの弱点である重たいイメージを解消し、春らしい爽やかなコーデが簡単に作れますよ。




夏らしいコーデ





引用:アバクロンビー&フィッチ公式サイト



夏らしいコーデと快適さの両方を叶えてくれるのが、ハーフパンツ。



特におすすめしたいのが、下記のようなコーデです。




引用:アバクロンビー&フィッチ公式サイト



白シャツとライトブルーのハーフパンツを合わせたシンプルな組み合わせで、爽やかさと清潔感のあるコーデが完成します。



真似しやすいコーデではありますが、注意点はジャストサイズのハーフパンツを選ぶこと。



大きすぎるサイズのハーフパンツを選ぶと、途端に野暮ったく見えてしまうので気をつけてくださいね。



まとめ




LAファッションは、かつてのストリートファッションから、日本人にも採り入れやすいスタイルへと進化してきました。



そして、LAファッションの強みは、気張らずにリラックスして着られること。



手持ちのアイテムに1点、質の高いアイテムを入れるだけで、トレンド感のあるコーデができるのもLAファッションの魅了です。



他海外のメンズファッション通販サイトについて詳しく知りたい場合は、「海外メンズファッション通販オススメサイトまとめ!初心者でも安心!」を参考にしてみてください。