移り変わる流行を追っていくのは大変ですよね。



でも、いつものアイテムの中に流行のアイテムを一つでも取り入れれば、不思議とオシャレに見えるもの。



ハズさないコーデをするためにもシーズンごとの流行は押さえておきましょう。



そこで今回は、2018秋のトレンドファッションをまとめました。



 



メンズファッションの流行って?2018秋のトレンドをアイテム別に紹介




・トップス




ビッグスウェット
引用:ZOZOTOWN


2018年秋にトップスを買い足すなら、ビッグスウェットがおすすめ。



レディースもメンズも、ビッグシルエットのトップスが流行っているのです。



スウェットやジャージなど、気合いの入りすぎていないゆるいアイテムが特に人気なので、ビッグスウェットは友人ウケも女性ウケも抜群です。



「頑張ってるアピールはしたくないけど、ちゃんとオシャレだと思われたい」というデートの時などはうってつけのアイテムだと私は思います!



女性からすると、「気合を入れてきました!」というコーデよりも、「シンプルなのにオシャレ」なコーデの方が好感がもてるので、秋デートに悩んだらぜひ試してみてください。



・ボトムス




ワイドアンクルパンツ
引用:ZOZOTOWN


2018年秋コーデでハズせないボトムスはワイドパンツです。



タイトなパンツよりも、写真のようなゆったりとしたシルエットが流行っています。



アンクル丈なら比較的コーディネートのバランスもとりやすいのでおすすめです。



トップスもゆったりとしたシルエットだと全体的にだらしなく見えてしまうので、ワイドアンクルパンツを着用する際はトップスは体にフィットしたものを選びましょう。



・アウター




チェスターコート
引用:ZOZOTOWN


オシャレな男性は必ず一着は持っているチェスターコート。



2018年秋も、多くのブランドが出しているアイテムです。



これを羽織るだけで、いつものコーデがぐんと大人っぽくなるから不思議なものです。



丈の長いチェスターコートはスタイルを良く見せてくれるので、特に背が高い方におすすめしたいと私は思っています。



チェスターコートはスキニーパンツなど細身のパンツと相性が良いので、下半身はスッキリまとめましょう。



・番外編:トレンドカラー



2018年秋は、ワイン系やキャメル、マスタードなど暖色系が流行カラーです。



ブルーやグリーンなど、寒色系を好んで着用していた方はこの機会に挑戦してみるのもいいですね!



比較的誰にでも似合いやすいカラーはキャメルやマスタードだと思うので、一度試してみてください。







メンズ向け流行ファッションの年代別おすすめコーデ




・20代




引用:WEAR


こちらはビッグシルエットのトップスを主役にして、パンツ、シューズは黒で統一したコーデです。



シンプルですが清潔感がありますし、流行のシルエットも押さえているので多くの人に支持されるコーデだと思います!



実際私の周囲にいる女性の話を聞いていると、「オシャレすぎるアイテムは似合う人と似合わない人がいるから、シンプルなコーデの男性の方が良い」といった意見が多くあります。



こういったシンプルなコーデは万人受けするので、初対面の人が多い場などには特におすすめしたいと私も思っています。



このコーデがシンプルすぎるという方には、こちらがおすすめ。




引用:WEAR


ワイドパンツにビッグシルエットのシャツを合わせています。



トップスを同系色でまとめており、且つ中のTシャツをパンツの中に入れることでスッキリした印象になります。



トレンドも押さえていますし、とてもオシャレですね。



このように2色でまとめても良いですし、どこか一点を差し色として別のカラーに変えても良いですね。



・30代




引用:WEAR


30代におすすめしたいのは、丈が長めのチェスターコートを取り入れたコーデ。



ネイビーだと大人っぽい印象、キャメルやベージュだともう少し明るく若々しい印象になります。



チェスターコートはフードがついていないので、風が冷たい日は写真のようにマフラーを合わせるのもいいですね。



大きめのマフラーは小顔効果もあるので、よりスタイル良く見せたい方にもおすすめです!



先程チェスターコートは細身のパンツと相性が良いと書きましたが、写真のようにゆったりめのパンツを合わせても全く問題ないので、コーディネートの幅が広がるのも嬉しいポイントです。




いかがでしたか?



2018年秋のトレンドを押さえて、オシャレを楽しみましょう。



「あれもこれも」と取り入れると逆にバランスが悪くなってしまうので、ベーシックなアイテムにトレンドアイテムを1~2つ合わせてみるなど、自分の雰囲気や体型に合ったコーディネートを探してみてくださいね!